株式会社テクトス

一次元配列を編集する [ EditArray ]

フロントパネルの一次元配列をボタンの操作で編集するサンプルVIを作りました。

配列の順番の変更、データの削除、挿入の処理をボタンのクリックで行えます。

○使い方

配列の左側に、操作対象を選択する丸ボタンの選択ボタンがあります。

この選択ボタンで対象とするデータを選びます。

"Delete"を押すと、対象のデータを削除します。

"Up"を押すと、対象のデータを一つ上に移動します。

"Down"を押すと、対象のデータを一つ下に移動します。

"Insert"を押すと、対象のデータの上に新しいデータを挿入します。

サンプルプログラム VI"EditArray.vi"(LabVIEW ver. 8.6版)ダウンロード

フロントパネル画像

○仕組み

ボタンが押されると、対応する処理を実行します。

処理は、データ配列だけでなく、選択ボタンの配列にも適用されます。

データ配列をスクロールさせると選択ボタンの配列も同じ位置にスクロールします。

選択ボタンは、常に一つだけ選択される様に処理されています。

ブロックダイアグラム画像

アーカイブ

Copyright(C)2007 TECTOS Co., Ltd. All Rights Reserved.