株式会社テクトス

ネット接続をピングで調査する [ Ping ]

TCP/IPの通信状態を調べるPingを行うサブVIを作成しました。

○使い方

"hostNameOrAddress"に調べたい相手先のアドレスまたは、ホスト名を入力します。

"timeout"にタイムアウトの時間(ミリ秒)を設定します。

 

実行すると、"IP Address"に相手先のIPアドレス、

"RoundtripTime"に応答時間、

"Status"に応答状況が出力されます。

サンプルプログラム VI"Ping.vi"(LabVIEW ver. 8.6版)ダウンロード

コネクタ画像

フロントパネル画像

○仕組み

.NET Framework 2.0のPingクラスを利用します。

コンストラクタノードで、.NTEのPingクラスのインスタンスを作成します。

Pingクラスの、Sendメソッドで、相手先とタイムアウトを指定して、Pingを送信します。

送信したPingの返信についてステイタスを取得します。

さらに返信のアドレスを確認します。

ブロックダイアグラム画像

アーカイブ

Copyright(C)2007 TECTOS Co., Ltd. All Rights Reserved.