株式会社テクトス

ウィンドウのフェード[ Fade Window ]

LabVIEWのウィンドウをフェードインや、フェードアウトさせるサブVIを作りました。

VIの開始時と、終了時に実行すると、ウィンドウが徐々に表示されたり、消えたりします。

○使い方

"このVI"にメインVIのVIリファレンスを接続します。

 

"Size"はウィンドウの大きさの設定で、「Non」はフェードなし、

「In」はフェードインで、ウィドウのサイズが徐々に大きくなります。

「Out」はフェードアウトで、ウィンドウのサイズが徐々に小さくなります。

 

"Trans"はウィンドウの透過性の設定で、「Non」はフェードなし、

「In」はフェードインで、ウィドウが徐々に濃くなります。

「Out」はフェードアウトで、ウィンドウが徐々に薄くなります。

 

"Time"は、フェードにかかる時間の設定で、単位はミリ秒です。

サンプルプログラム VI"FadeWindow.vi"(LabVIEW ver. 8.6版)ダウンロード

コネクタ画像

フロントパネル画像

○仕組み

サイズの変化は、フロントパネルの大きさを確認して、"PanelBounds"のプロパティを使って、徐々に大きさを変化させます。

透過性は、"Transparency"のプロパティを使って透過率を変化させます。

ブロックダイアグラム画像

テスト用プログラム VI"FadeWindowTest.vi"(LabVIEW ver. 8.6版)ダウンロード

テスト用VIも作りましたのでご利用ください。

アーカイブ

Copyright(C)2007 TECTOS Co., Ltd. All Rights Reserved.