株式会社テクトス

指定日時にコマンド実行させる [ Schtasks ]

コマンドプロンプトの機能を使って、設定した時刻にコマンドを実行します。

例えば、LabVIEWからVIを開くコマンドを実行すると、VIの再起動を行うことができます。

○使い方

"Command"に実行したいコマンドを入力します。

コマンド内で使用するファイル名は、短いファイル名にしてください。

"Schedule"には、コマンドを実行するタイミングを指定します。

"Frequency"には、コマンドを実行する頻度を指定します。

"Time"には、コマンドを実行する日時を指定します。

"Name"には、コマンドの名前を指定します。

実行すると、タスクが登録され、指定したスケジュールで実行されます。

サンプルプログラム VI"Schtasks.zip"(LabVIEW ver. 8.6版)ダウンロード

コネクタ画像

フロントパネル画像

○仕組み

設定値から、コマンドを作ってコマンドプロンプトで実行しています。

ブロックダイアグラム画像

テストプログラム VI"SchtasksTest.vi.vi"(LabVIEW ver. 8.6版)

テスト用VIも作りました。圧縮フォルダーに入っていますのでご利用ください。

フロントパネル画像

※このテストVIは、実行直後にLabVIEWを終了します。ご注意ください。

※テストVIは、日本語のフォルダ名や、ファイル名では動作しない場合が有ります。

アーカイブ

Copyright(C)2007 TECTOS Co., Ltd. All Rights Reserved.