株式会社テクトス

Windowsをシャットダウンする [ Windows Shutdown ]

LabVIEWからWindowsをシャットダウンします。

長時間の測定などで、処理が終了した後は自動的にPCの電源を切りたい場合があります。

プログラムの終了時にこのコマンドを実行すれば、PCをシャットダウンできます。

○使い方

"mode"以下の6つのモードが有ります。

Logoff ログオフします。

Shutdown コンピュータをシャットダウンします。

Reboot コンピュータをシャットダウンして再起動します。

Poweroff シャットダウン後、コンピュータの電源を切ります。

Hibernate コンピュータを休止状態にします。

Abort システムのシャットダウンを中止します。

 

"comment" 再起動またはシャットダウンの理由にコメントを付けます。最高 512 文字まで入力できます。

"Time"に0以上の値を設定すると、シャットダウンまでの時間を設定できます。有効範囲は 0 から 600 まです。

"ForceToClose" ONで実行すると、ユーザーに警告せずに実行中のアプリケーションを強制終了します。

サンプルプログラム VI"WindowsShutdown.vi"(LabVIEW ver. 8.6版)ダウンロード

コネクタ画像

フロントパネル画像

○仕組み

システム実行VIを使用して、コマンドプロンプトから、"Shutdown"コマンドを実行します。

様々なオプションを選択することで、モードを変更して実行しています。

ブロックダイアグラム画像

アーカイブ

Copyright(C)2007 TECTOS Co., Ltd. All Rights Reserved.