株式会社テクトス

音を切り貼りする [ Connect Sound ]

波形データの一部分を指定して切り取ったり、波形データの一部にデータを挿入して貼り付けを行います。 音のカット&ペーストを行うことができます。

○使い方

・音の切り取り(カット)

入力した音から、"Cut Start"で指定した秒から、"Cut Length"で指定した長さの音を切り取ります。

切り取った後の音は、"Sound Out"から出力します。切り取った部分の音は、"Cuted Sound"から出力します。

コネクタ画像

フロントパネル画像

・音の貼り付け(ペースト)

入力した音の"Paset at"の位置に"Sound to Paste"の音を挿入します。

・音の貼り付け(ペースト)

コネクタ画像

フロントパネル画像

サンプルプログラム VI"SoundCutAndPaste.zip"(LabVIEW ver. 8.6版)ダウンロード

○仕組み

・音の切り取り(カット)

波形データから"Y"データを取り出し、「配列から削除」で切り取ります。

切り取り位置は、"dt"の値を使って計算しています。

ブロックダイアグラム画像1

・音の貼り付け(ペースト)

波形データから"Y"データを取り出し、「配列要素挿入」でデータを追加します。

貼り付け位置は、"dt"の値を使って計算しています。

ブロックダイアグラム画像1

テスト用プログラム

テスト用VIも作りましたのでご利用ください。

テストプログラム VI"SoundCutAndPasteTest.vi"(LabVIEW ver. 8.6版)ダウンロード

VIの実行について

このVIの実行には、「PlaySound.vi」が必要です。下記もダウンロードしてください。

サブVIプログラム VI"PlaySound.vi"(LabVIEW ver. 8.6版)ダウンロード

アーカイブ

Copyright(C)2007 TECTOS Co., Ltd. All Rights Reserved.