株式会社テクトス

Htmlのデータを取り出す [ Html Section Data]

ウェブサイトを記述しているHtmlは、ヘッダ(head)や、ボディ(body)などのセクションと呼ばれる要素が集まって作られています。

Htmlの中から指定した要素のデータを取り出すサブVIを作りました。

○使い方

元になるHTMLを"Html"に入力し、取り出したいセクションのセクション名を"Section Name"に入力し実行します。

指定したセクションのデータを"Section Data"に出力します。

セクションの前にあったデータを"Before Section"に、後ろのデータを"After Section"に出力します。

セクションのデータから、セクションを切り分けるためのタグを取り除いたデータを"In the Section"に出力します。

Offserには、セクションがHtmlの何文字目から始まったかを示す数値が出力されます。

サンプルプログラム ZIP"HtmlSectionData.zip"(LabVIEW ver. 8.6版)ダウンロード

コネクタ画像

フロントパネル画像

○仕組み

セクションに用いられるタグを探すために"パターンで一致"の関数を利用しています。

しかし、タグの表記では、大文字、小文字が混じって使われている事があるので、対応できるようにパターン文字を作る必要があります。

そこで、"AllCasePattern.vi"を利用してパターン文字を作成しています。

例えば、"html"と入力すると、"[Hh][Tt][Mm][Ll]"というパターンが出てきます。

このパターンで検索すると、"Html"や、"HTML"、"html"のどの状態でも探し出す事が出来ます。

ブロックダイアグラム画像1

ケースストラクチャでは、閉じるタグ(</html>)が有る場合と、無い場合にわけて処理しています。

ブロックダイアグラム画像2

ブロックダイアグラム画像3

テスト用プログラム

テスト用VI "HttpAnaly.vi" も作りました。圧縮フォルダに入っていますのでご利用ください。

 

Copyright(C)2007 TECTOS Co., Ltd. All Rights Reserved.