株式会社テクトス

編集付き機能的グローバル [ FG Edit ]

機能的グローバル変数は、アイディア次第で様々な機能を追加できるメリットがあります。

保存と読込みの機能に加えて、ダイアログで値を編集する機能を追加しました。

○使い方

"Mode"を"Get"で実行すると、"Setting Out"から覚えているデータを出力します。

"Mode"を"Set"で実行すると、"Setting IN"から入ったデータを記憶します。

"Mode"を"Save"で実行すると、記憶しているデータ指定のファイルに保存します。

"Mode"を"Load"で実行すると、指定のファイルからデータを読込み記憶し、同時に"Setting Out"から出力します。

"Mode"を"Edit"で実行すると、ダイアログが開き、値を編集できます。

値の編集が終了したら"OK"ボタンを押すと、値を記憶して終了します。

"キャンセル"ボタンを押すと、値を変更せず元の値のままでダイアログを閉じます。

サンプルプログラム VI"FGEdit.vi"(LabVIEW ver. 8.6版)ダウンロード

コネクタ画像

フロントパネル画像

○仕組み

機能的グローバル変数に、"Edit"のケースを追加します。

ループの1回目(反復回数が0の場合)には、シフトレジスタの値を"Stting in"に書き込みます。

編集終了までループを繰返し、"OK"ボタンを押すと、データを書き換えて終了します。

"Cancel"ボタンを押した時は、シフトレジスタの値は、前回の値をそのまま書き込み、終了します。

ブロックダイアグラム画像

テストプログラム VI"FGEditTest.vi"(LabVIEW ver. 8.6版)ダウンロード

テスト用VIも作りましたのでご利用ください。

 

Copyright(C)2007 TECTOS Co., Ltd. All Rights Reserved.