株式会社テクトス

グラフの一部を拡大表示する[ Zoom Graph Area ]

グラフの一部分を拡大して、別のグラフに表示するためのサブVIです。

○使い方

元となる"波形グラフ"と、拡大表示する"ズームグラフ"の2つの波形グラフを作成します。

二つの波形グラフの端子を、[右クリック]-[作成]-[リファレンス]で、リファレンスを作成します。

二つのリファレンスをサブVIに接続します。

二つのグラフには同じデータを接続します。

Viを実行して、元の"波形グラフ"に表示されるカーソルをドラッグすると、カーソルに囲まれた範囲が拡大表示されます。

サンプルプログラム VI"ZoomGraphArea.vi"(LabVIEW ver. 8.6版)ダウンロード

コネクタ画像

フロントパネル画像

○仕組み

最初に実行した時にカーソルを作成します。

カーソルの最小間隔は、定数で決めているので、変更が必要な場合は修正してください。

ブロックダイアグラム画像その1

ブロックダイアグラム画像その2

テストプログラム VI"ZoomGraphAreaTest.vi"(LabVIEW ver. 8.6版)ダウンロード

テスト用VIも作りましたのでご利用ください。

 

Copyright(C)2007 TECTOS Co., Ltd. All Rights Reserved.