株式会社テクトス

Exe形式でバーの表示切替え [ RunTimeBarSetting ]

実行ファイルを作った時に、メニューバーやツールバーを非表示にしたい場合があります。

VIプロパティや、ビルド仕様でも設定できますが、サブVIで設定できるようにしました。

○使い方

表示を切替える対象のVIに配置したら、"このVI"のリファレンスを接続します。

"このVI"のリファレンスは、"アプリケーション制御"パレットから、"VIサーバリファレンス"を配置して作成します。

"ExeSetting"にExe形式時のバー表示設定を、"DevSetting"に開発環境でのバー表示設定を接続します。

●サンプルプログラム VI"RunTimeBarSetting.vi"(LabVIEW ver. 8.6版)ダウンロード

コネクタ画像

フロントパネル画像

○仕組み

最初にVIリファレンスから、アプリケーション:種類のプロパティーでランタイムシステムからの実行かを調べます。

ランタイムからの実行の場合は、"ExeSetting"を、それ以外なら、"DevSetting"を各プロパティーに書き込みます。

ブロックダイアグラム画像その1

ブロックダイアグラム画像その2

テストプログラム VI"RunTimeBarSettingTest.vi"(LabVIEW ver. 8.6版)ダウンロード

テスト用VIも作りましたのでご利用ください。

実行形式プログラム"RunTimeBarSetting.exe"(LabVIEWランタイムエンジン. 8.6.1版)ダウンロード

実行形式のファイルも作成しました。

※実行にはLabVIEW ランタイムエンジン8.6.1が必要です。

 

Copyright(C)2007 TECTOS Co., Ltd. All Rights Reserved.