株式会社テクトス

保存付き機能的グローバル [ FG Save ]

機能的グローバル変数は、アイディア次第で様々な機能を追加できるメリットがあります。

保存と読込みの機能を追加すると、あるデータをまとめて管理する事ができます。

○使い方

"Mode"を"Get"で実行すると、"Setting Out"から覚えているデータを出力します。

"Mode"を"Set"で実行すると、"Setting IN"から入ったデータを記憶します。

"Mode"を"Save"で実行すると、記憶しているデータ指定のファイルに保存します。

"Mode"を"Load"で実行すると、指定のファイルからデータを読込み記憶し、同時に"Setting Out"から出力します。

●サンプルプログラム VI"FGSave.vi"(LabVIEW ver. 8.6版)ダウンロード

コネクタ画像

フロントパネル画像

○仕組み

機能的グローバル変数に、"Save"と"Load"のケースを追加します。

それぞれで、ファイルへの書き込み、読取りのダイアグラムを実行しています。

今回は、クラスタをそのままバイナリファイルで保存しています。

場合によっては、文字列に変換して、テキストファイルで保存するのも良いでしょう。

ブロックダイアグラム画像その1

ブロックダイアグラム画像その2

テストプログラム VI"FGSaveTest.vi"(LabVIEW ver. 8.6版)ダウンロード

テスト用VIも作りましたのでご利用ください。

 

Copyright(C)2007 TECTOS Co., Ltd. All Rights Reserved.