株式会社テクトス

時間を計る [ Timer ]

ブロックダイアグラムの処理がどのくらいの時間がかかるかを測定するために、時間を計るサブVIを作りました。

できるだけ場所を取らないように、アイコンを小さくしました。

○使い方

"Set"に"True"を接続して実行すると測定開始です。

"Set"に接続しないで実行すると、開始からの時間をミリ秒単位で取得できます。

●サンプルプログラム VI"Timer.vi"(LabVIEW ver. 8.6版)ダウンロード

コネクタ画像

フロントパネル画像

○仕組み

機能的グローバル変数の仕組みを使っています。

"True"のケースで、シフトレジスタに開始時の時間を記憶させます。

"False"のケースで、開始時からの経過時間を計算して出力します。

ブロックダイアグラム画像その1

ブロックダイアグラム画像その2

●テストプログラム VI"Timer_Test.vi"(LabVIEW ver. 8.6版)ダウンロード

テスト用VIも作りましたのでご利用ください。

 

Copyright(C)2007 TECTOS Co., Ltd. All Rights Reserved.