株式会社テクトス

データの切替え [ Switch ]

2つのデータを入れ替えるVIです。

2つのデータのうちどちらかをBoolで切替えて出力する選択関数がありますが、この切替えVIは ブールの入力がTrueの時に値を入れ替えて出力します。

データの処理などを行っているとこのような操作が頻繁に登場します。そこでサブVIにしました。

○使い方

切替えたい2つのデータを入力し、Switch端子にブールの値を接続します。

ブールの値がFの場合は、In 1をOut 1へ、In 2をOut 2へ出力します。

ブールの値がTの場合は値を切替えて、In 1をOut 2へ、In 2をOut 1へ出力します。

●サンプルプログラム "llb Switch.zip"(LabVIEW ver. 8.6版)ダウンロード

コネクタ画像

フロントパネル画像

このSwichiは多態性VIで、下記のデータタイプに対応しています。

数値

数値1D配列

数値2D配列

文字列

文字列1D配列

文字列2D配列

ブール

ブール1D配列

ブール2D配列

波形

波形配列

タイムスタンプ

バリアント

○仕組み

構造は簡単で2つの選択関数で値を切替えています。

ブロックダイアグラム画像

 

Copyright(C)2007 TECTOS Co., Ltd. All Rights Reserved.